クラシック

春競馬も桜花賞,皐月賞と終わり舞台は東京と京都へ。

春競馬の大一番といえばやっぱり東京優駿・日本ダービー。

ホースマンの憧れの舞台。

出産で牡馬を願うのには,「ダービーの舞台へ」という思いも少なからず込められているから。

もちろんウォッカのように牝馬がダービーを制するケースもあるけども,やっぱり牡馬でクラシック制覇をと願うのは多くの生産者の夢なんでしょうね。